2006年01月14日

オーストリア代表、コーチ陣決まる

2006/01/01から、ヨーゼフ・ヒッケルスベルガー代表新監督が就任し、この程残りのコーチ陣が決定した。人選はヒッケルスベルガー監督の希望どうりとなったようだ。代表監督との2人三脚でEURO2008を成功させたいサッカー協会会長シュティクラー氏はヒッケルスベルガー監督に絶大な信頼を寄せている。人選をみると、ラピド・ウィーンでもヒッケルスベルガーのアシスタントを務めたペルシィディス氏がアシスタントコーチを務め、10月のイングランド戦からコーチ陣に加わっているヘルツォークも選手との重要なパイプ役として再び加わっている。ヘルツォークと同じく10月のイングランド戦で代行監督を務めたルッテンシュタイナーも再び加わった。

華々しい代表の門出に忘れてはならないのは、前任者のハンス・クランクルの功績だ。クランクルは、多くのダイヤの原石を見出しこれからの代表の未来や方向性を示してくれた。今のチームの土台を作ったことを決して忘れてはならない。ヒッケルスベルガー新監督がこの原石たちを2年半(20試合ほど)で磨き上げEURO2008、オーストリア10年ぶりの国際舞台で大きな輝きを放つよう期待したい。
この新体制は1月19日から(28日まで)のドバイ合宿から本格始動する。

新監督.jpg

コーチ陣:
Peter PERSIDIS, Co-Trainer(アシスタントコーチ), geboren 08.03.1947
Andreas HERZOG, Assistent des Teamchefs(チームチーフ),geboren 10.09.1968
Klaus LINDENBERGER, Tormanntrainer(GKコーチ), geboren 28.05.1957
Willi RUTTENSTEINER,Technischer Direktorgeboren(テクニカルディレクター) 12.11.1962

メディカルスタッフ:
Prof. Dr. Ernst SCHOPP, Teamarzt,geboren 19.07.1955
Hans HARTWEGER, Masseur, geboren 24.12.1935
Michael TRATTNER, Masseur, geboren 21.09.1966
Michael VETTORAZZI,Physiotherapeut, geboren 10.04.1973


以下、ドバイ合宿メンバー(国内組で編成):

Tor(GK):
Helge Payer (Rapid/7 Länderspiele/0 Tore)
Andreas Schranz (GAK/5/0)
Ramazan Özcan (Austria Lustenau/0)

Abwehr(DF):
Andreas Dober (Rapid/2/0)
Anton Ehmann (GAK/13/0)
Ferdinand Feldhofer (Wacker Tirol/4/0)
Ronald Gercaliu (Salzburg/3/0)
Martin Hiden (Rapid/32/1)
Markus Katzer (Rapid/6/0)
Mario Sonnleitner (GAK/0)
Joachim Standfest (GAK/9/1)

Mittelfeld(MF):
Martin Amerhauser (GAK/12/3)
Rene Aufhauser (Salzburg/29/5)
Christian Fuchs (Mattersburg/0)
Andreas Ivanschitz (Salzburg/18/2)
Zlatko Junuzovic (GAK/0)
Markus Kiesenebner (Austria/10/1)
Michael Mörz (Mattersburg/1/0)
Jürgen Säumel (Sturm Graz/2/0)
Markus Schopp (Salzburg/56/6)

Angriff(FW):
Muhammet Akagündüz (Rapid/4/1)
Sanel Kuljic (Ried/4/0)
Roland Linz (Austria/13/2)
posted by どとう at 02:19| Comment(1) | TrackBack(1) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

イファンシュイッツ、ザルツブルクへ

1/9、ラピド・ウィーン所属でオーストリア代表キャプテンを務める、Andi(イファンシュイッツ)が記録的な移籍金(不明)でレッドブル・ザルツブルクへの移籍が正式に決定した。契約期間は2009年6月まで。背番号は10。決定づけたのはAndi個人のラピド退団の意思の硬さがあったようだ。(ラピドの新年最初のキャンプを辞退していた。)
今、Andiの移籍はオーストリアサッカー界を揺るがすビックニュースとなっており、現在リーグ2位のザルツブルクはリーグ優勝をググッとたぐり寄せた感じか。そして、ザルツブルクは来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグも睨んでいる・・・

Andiのコメント:「私は、再び好きなサッカーに集中することができることが非常にうれしいです。ラピド・ウィーンでは非常に美しく成功した時間を過ごしました。現在、ザルツブルクに将来性を自分自身とても感じています。・・・・」

キャプテンAndy!.jpg

イファンシュイッツについては→こちら

コメントはザルツ公式HPより
一部翻訳に断念(ノ_・。)


posted by どとう at 00:59| Comment(1) | TrackBack(2) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

ラピド・ウィーンの受難・・・

1月に入って、賑わう移籍市場。これまでの、移籍状況を報告する。

まず、昨年のリーグチャンピオンで今期チャンピオンズリーグ本選にも出場したラピド・ウィーンはキャプテンであるステファン・ホフマンがドイツ2部の1860ミュンヘンへの移籍が正式に決定した模様。イファンシュイッツもレッドブル・ザルツブルク(以下ザルツ)への移籍交渉を行っている。イファンシュイッツの場合は上記のホフマンの時とは違いフロントも困惑している模様。ザルツ監督クルト・ヤラは12/8にイファンシュイッツへの興味を公で発表。しかし、ラピド・ウィーンへの問い合わせは12/22になってから。ラピドのフロントはイファンシュイッツの移籍を認めたくないようだが、当の本人は移籍に前向きになっている。ラピドはリーグ2連覇へ厳しい戦力となってしまいそうだ。

次に、ポガテツがイングランド、プレミアリーグミドルスブラへ移籍して早4ヶ月余り。ポガテツの活躍とW杯予選でイングランド代表を2度も苦しめたオーストリア人にイングランドの複数のチームが興味を示している。先にウィガン・アスレティックスへ移籍したシャルナーをはじめ、この冬にまだまだイングランドのピッチに立つオーストリア人が増えそうだ。とりわけ、注目されているのが、FCスーパーフンド(パスチン)のトップスコアラーのFWトーマス・ピチルマン。エヴァートンから問い合わせがあった模様で夢の海外移籍が千夜一夜ではないと騒がれている。もう一人はSVリートのトップスコアラー、FWサネル・クルジッチ。彼にはイングランドの複数のチーム(アストン・ヴィラ、フルハム、エヴァートン、ウォルバーハンプトンワンダラーズ)が興味を示している。中でもアストン・ヴィラが有力か。

背番号10番!!.jpg

以下これまでの移籍情報

AUSTRIA WIEN:
Zugänge(入): Keine(なし)
Abgänge(出): Pircher (FC Ausgburg, war an Admira verliehen)

Mögliche Zugänge(入りの噂): Schicker (SV Ried)
Mögliche Abgänge(出の噂): Keine

RED BULL SALZBURG:
Zugänge: Gercaliu (Sturm)
Abgänge: Keine

Mögliche Zugänge: Ivanschitz (Rapid), Laszlo Bodnar (Roda Kerkrade), Matias Emilio Delgado (FC Basel), Leandro Gracian (Velez Sarsfield)
Mögliche Abgänge: Janko (LASK)

RAPID WIEN:
Zugänge: Keine
Abgänge: Hofmann (1860 München), Gartler (SKN St. Pölten, war im Herbst als Kooperationsspieler in Kapfenberg)

Mögliche Zugänge: Keine
Mögliche Abgänge: Ivanschitz (Red Bull Salzburg), Martinez, Dollinger, Garics, Burgstaller (alle FC Superfund)

GAK:
Zugänge: Sobl (Kooperationsvertrag mit Kapfenberg aufgelöst)
Abgänge: Keine

Mögliche Zugänge: Keine
Mögliche Abgänge: Keine

FC SUPERFUND:
Zugänge: Keine
Abgänge: Wojtanowicz (1860 München Amateure)

Mögliche Zugänge: Martinez, Dollinger, Garics, Burgstaller (alle Rapid), Mader (FC Wacker)
Mögliche Abgänge: Pichlmann (FC Everton), Glieder (LASK, FC Kärnten)

SV RIED:
Zugänge: Keine
Abgänge: Vukotic (Ziel unbekannt)

Mögliche Zugänge: Keine
Mögliche Abgänge: Kuljic (Aston Villa, Fulham, Everton, Wolverhampton), Friesenbichler (LASK), Schicker (Austria)

FC WACKER TIROL:
Zugänge: Florian Sturm (Greuther Fürth)
Abgänge: Schroll (WSG Wattens)

Mögliche Zugänge: Keine
Mögliche Abgänge: Mader (Altach, FC Superfund), Akwuegbu


SK STURM GRAZ:
Zugänge: Keine
Abgänge: Gercaliu (Salzburg), Silvestre (Sete)

Mögliche Zugänge: Keine
Mögliche Abgänge: Filipovic (JEF United), Mujiri


SV MATTERSBURG:
Zugänge: Keine
Abgänge: Keine

Mögliche Zugänge: Cem Atan (Hartberg)
Mögliche Abgänge: Keine


ADMIRA:
Zugänge: Keine
Abgänge: Akoto (aus Vertrag ausgetreten), Pircher (Augsburg)

Mögliche Zugänge: Keine
Mögliche Abgänge: Dr. Füzi, Egressy, Bule, Wallner, Flögel


(情報Sport1より)
posted by どとう at 02:38| Comment(0) | TrackBack(1) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。