2006年06月20日

〜ドイツW杯を視察して〜

現在、ドイツW杯を視察(観戦)している、オーストリア代表コーチ陣が、12試合の視察を終えてインタビューに答えた様子が入ってきましたので報告します。(協会公式より)
インタビューはヒッケルスベルガー監督とヘルツォークチームアシスタントが答えています。監督はMünchen, Nürnberg, Stuttgart, Kaiserlauternでの試合を視察。ヘルツォークはLeipzig, Hannover, Berlinを視察してのコメントです。

『ベスト試合は?』
監督:「なんと言っても、アルゼンチンとセルビア・モンテネグロの試合だよ」
ヘルツォーク:「ぼくはアルゼンチン対コートジボアールの試合だね」

『印象に残るチームは?』
監督:「それはアルゼンチンとドイツだね」
ヘルツォーク:「同じくアルゼンチン。それとスペインも」

『驚いたことは?』
監督:「イングランド対トリニダード&トバコ戦での終盤のイングランドのフォーメーションには驚かされた。それとチェコがガーナに敗れたことだ」
ヘルツォーク:「韓国がGグループで首位をキープしたこと」(現在はスイスが首位)

『失望したことは?』
監督:「セルビア・モンテネグロが期待はずれであったこと(欧州予選ではスペインを避けてグループ首位でW杯出場を果たしていたから)」
ヘルツォーク:「パラグアイは南米予選で3位のエクアドルと同じポイントであったのに対照的に振るわなかったこと」

『個人的な印象』
監督:「Traumatmospähreがすべての段階にいきわたっている。そしてすべてのサッカーファンがドイツW杯が終了したら、すばらしいかったと賛美するでしょう。ホストのドイツはいいムードになっている」
ヘルツォーク:「最高のムードでファンを跳ね躍らせ、世界のサッカーファンの心を強く振るわせている」

『ずばり優勝はどこですか?』
監督:「アルゼンチンだと思っているけど、ブラジルもありえる」
ヘルツォーク:「ぼくは南欧のチーム、特にスペインに期待している」

※いつものように意訳あり
ヒッケとAndiの再会.jpg
posted by どとう at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。