2006年08月07日

ハンガリー戦の審判

16日グラーツで行われる、ハンガリー戦の審判団が発表されました。スロヴァキアの審判団で、主審はハヴァリラさん、副審はルツバルスキーさんとガブリエル・アダムさん。第4の審判はオーストリアリーグのメスナーさん。

ハヴァリラさんがオーストリア代表の試合を担当するのは初めて。




posted by どとう at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Andy復活でリーグスタート!?

Andyの開幕出遅れでオーストリアリーグを全然取り上げていなかったのですが、やっとスタートです!(いやー、赤牛強ぇ・・・)

8/5、オーストリアリーグ第4節。開幕前に足を痛め出遅れていた、イヴァンシュイッツが4節目でやっと復帰。フル出場で今期初戦を飾った。若干下半身が太いような気もするが、シュートを放ったりゴール前に顔を出したりと精力的に動き回っていた模様。試合はザルツブルクの圧勝でGAKを粉砕(4-1)。今期絶好調のツィックラーが2得点。CLをお休みしていたアウフハウザーも軽快な動きで1ゴール1アシスト。一方、GAKは試合を完全にザルツに支配されてしまうものの試合終了間際に新キャプテン、スタンドフェストのアシストでSpirkが決めなんとか一矢報いた。

renesan-yorocobi.jpg

ザルツブルク次節はCLバレンシア戦をはさんでのパッシング戦。
AndyがCMに!?
posted by どとう at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | T-MOBILE BUNDESLIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

2-0で赤牛勝利

8/2、ザルツブルクHOMEで行われたFCチューリッヒとのCLリーグ予備予選2回戦2ndレグは、ティファート、ツィックラーのゴールで完封勝利。2試合合計3-2と逆転で3回戦へ進んだ。次戦は8/9、強豪バレンシアをHOMEに向かえる。

トラパットーニ監督:「私たちは今日大きな収穫をしたと思います。チューリッヒに対して運が我々にあり、本当に良かったです。 ツィックラーには試合を3:0にするチャンスがあり、ゲームを決める事ができたかもしれませんが、チューリッヒは非常に強いチームでした。」

cl-seriai-??????????????.jpg

Red Bull Salzburg - FC Zürich Endstand 2:0 (1:0)
Salzburg, EM-Stadion Wals-Siezenheim, 16.000人

得点: 1:0 (39.) Tiffert, 2:0 (56.) Zickler (PK)
黄紙: Tiffert (次戦出場停止), Carboni, Janocko, Kovac 以上ザルツ
Dzemaili, Rafael, Alphonse チューリッヒ

ザルツブルク: Ochs - Bodnar, Vargas, Linke, Dudic - Tiffert, Carboni, Kovac, Jezek (71. Pitak) - Janocko (86. Meyer) - Zickler

チューリッヒ: Leoni - Stahel, Tihinen, Von Bergen, Schneider - Margairaz (76. Stanic), Dzemaili (72. Alphonse), Inler, Cesar - Rafael, Keita (83. Pouga)

posted by どとう at 10:31| Comment(0) | TrackBack(1) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

CL情報

8/2、HOMEにFCチューリッヒを向かえるザルツブルクは1stレグで一発退場になってしまったアウフハウザーの穴をカルボーニで埋める模様。イヴァンシッイッツはやっとベンチ入り。試合を優位に進められれば後半から試合に出られそう。ヤンコはベンチ入りも微妙。

予想スタメン(4-4-1-1)
Ochs - Bodnar, Vargas, Linke, Dudic - Tiffert, Carboni, Kovac, Jezek - Vonlanthen - Zickler

サブ: Özcan/Arzberger - Meyer, Ivanschitz, Pitak, Janko, Lokvenc, Kirchler, Janocko, Winklhofer, Pichorner

1stレグでは試合開始すぐの失点で慌てふためき、AWAYの制裁をスタジアム全体から受けてしまったザルツブルク。国内リーグでの勝ちっぷりの良さで慢心してしまった前回とは違い、国内リーグで引き分けて望む2ndレグではそういった心配はない。きっと勝ちを収めてくれるだろう。勝てば、バレンシアとのCL予備予選3回戦が待っている。

posted by どとう at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

あ〜、ホフマン。。。

オーストリアリーグ第3節で負傷した、ラピドのホフマンは側副靭帯損傷と診断され、全治6ヶ月の重症。月曜日に手術を行った。

今期、1860ミュンヘンから再びオーストリアに帰ってきた矢先の出来事で関係者(特にエドリンガー会長)も落胆を隠せない様子。

hofmann-taihennda.jpg
先週土曜日の対SVリート戦の後半にホフマンはリートFWのEmin Sulimaniと接触。痛みでその場に倒れこんでしまった。ホフマンはU-19代表のホファーと交代しピッチを後にしていた。

靭帯損傷とは→こちら
posted by どとう at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | T-MOBILE BUNDESLIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。