2006年09月30日

ヴァルナーの一撃!!

オーストリア・ウィーンがやりました!リーグでの低迷を吹き飛ばす勝利をあげました!
(吹き飛ばしてほしい)
対照的にリーグで首位を独走している赤牛はバラの香にコロッとやられてしまいました。

UEFA杯結果

オーストリア勢

FKオーストリア・ウィーンvsレギア・ワルシャワ(POL) 1-0
祝 スミレグループリーグへ進出!!ヴァルナーの一発炸裂!!

ブラックバーン・ローバーズ(ENG)vsRBザルツブルク 2-0
相手が強いというより、うちが弱かった・・・
経験豊かな選手を揃えているのに・・・

SVパッシングvsASリボルノ・カルチョ(ITA)     0-1
イタリア相手じゃ歯が立たず。

オーストリア人所属チーム(海外)

FCメタルフ・ザポロージェ(UKR)vsパナシナイコスFC(GRE) 0-1
○イヴァンシュイッツ所属 スタメン出場。後半62分に交代
パナシナイコスは合計スコア2-1でグループリーグ進出。

バイヤー・レバークーゼン(GER)vsFCシオン(SUI) 3-1
○クルジッチ所属 スタメン出場 後半52分に交代
シオンは一時合計得点で勝ち越すが2人退場者を出し撃沈。

SCヘーレンフェーン(NED)vsビトリアFC(POR) 0-0
○プラハー所属 スタメンフル出場
合計得点3-0でグループリーグ進出

カイセリスポル(TUR)vsAZアルクマール(NED) 1-1
○アカグンドゥズ所属 後半75分に登場 無得点
合計得点4-3で敗退。
posted by どとう at 03:14| Comment(0) | TrackBack(1) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

代表発表です

28日、首都ファドゥーツに乗り込んでのリヒテンシュタイン戦(10/6)とインスブルクでのEUROパートナースイス代表戦(10/11)に臨む代表メンバー23人が発表されました。

初召集組(今回も3人の初招集選手がいます)
○Hannes Eder (Wacker Tirol):今期リーグ10試合出場。ポジションはCB。
○Gernot Plassnegger (Rapid Wien):27歳。右SBの選手(CBも可)。今期3試合出場。
○Veli Kavlak (SK Rapid Wien):U19代表選手。攻撃的MF(両サイド可)。今期リーグ7試合出場1ゴール。テクニシャン系かな?

おひさしぶり組
○Christian Fuchs (SV Mattersburg/1):今年5月のクロアチア戦以来。
○Marc Janko (Red Bull Salzburg/1):同じくクロアチア戦以来。
○Markus Kiesenebner (FK Austria Magna/11/1):今年3月のカナダ戦以来。
○Markus Weissenberger (Eintracht Frankfurt/22/1):昨年10月のイングランド戦&北アイルランド戦以来。しかし、今期ブンデスで出場してないような気が・・・。なぜ、呼ばれた???

召集メンバー&ベテランより若返り
posted by どとう at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

双子のマスコット登場!!

27日、ウィーンでEURO2008オーストリア&スイスの大会マスコットがお披露目されました。『双子』がテーマです。記者会見には、ラーシュ・クリステル・オルソンUEFA最高運営責任者(CEO)、大会組織委員会(EURO 2008 SA)委員長でスイス・サッカー協会(SFV/ ASF)のラルフ・スロツォーベル会長、EURO 2008 SA委員でオーストリア・サッカー協会(OFB)のフリードリヒ・シュティックラー会長、ワーナー・ブラザース・コンシューマープロダクツのブルーノ・シュボブターラー副社長らが出席しました。そこでマスコットのデザイン、制作過程、マーケティング、コンセプトなどについて説明されたそうです。

euro-maskottchen.jpg
ドイツW杯でのゴレオ君のようにならないといいんですけどね(カワイイから大丈夫かな?)

マスコットのピッチ初登場は、フレンドリーマッチ(10/11)オーストリア対スイス戦の予定。
そして、ただいまマスコットの名前を募集中だそうです。9月27日から10月8日までの間、オーストリアとスイスのサッカーファンを対象に下の3つの中から投票で決まるそうです。

1.ツァギ&ツィギ"Zagi & Zigi"
2.フリッツ&ビッツ"Flitz & Bitz"
3.トリックス&フリックス"Trix & Flix"
posted by どとう at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

Andy!初ゴール!!おめでとう!!

ギリシャリーグ24日。オーストリア代表キャプテン、AndyイヴァンシュイッツのパナシナイコスはHOMEでPAOKと対戦(ダービー?)。Andyはその試合でうれしい移籍後初ゴールを決めました!

試合は前半からパナシナイコスペース。Andyはクロスをパパドプーロスの頭に合わせ、おしいヘディングシュートを演出。それからクロスバーに当てるFKなど見せ場を作る。後半に入ってもパナシナイコスペース。そして、後半66分Andyが移籍後初ゴールとなる先制点を決める(詳細不明)。後半88分にはPKを獲得。それをエースであるサリピンギディスがきっちり決め2-0。その後、PAOKに1点を返されるものの2-1で勝利。Andyにとって初ゴールでフル出場、大変うれしい試合になったはず。

andy-guris.jpg

Andyはスイストーナメント後、体調を崩し(腸の病気?)リーグとUEFA杯を欠場。やっと、前節途中出場ながら復帰を果たしていました。
代表の長引く低迷、ポガテツの反逆などキャプテンとして腹が痛くなる状況ですが、10月のリヒテンシュタイン戦できっちり勝利を収めて、EURO2008のマスコットが登場するスイスとのフレンドリーマッチでは共催国に恥じない試合をしてもらいたいです。そのためにキャプテンとしてチームを鼓舞していってほしい(切なる願いです)。
◎ゴールの動画

☆リンツも1ゴール
posted by どとう at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | IVANSCHITZ/PANATHINAIKOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

赤牛に土!!

オーストリアリーグ第10節。1回目の折り返し地点です。前節と同じ組み合わせ。

23.09. - Anpfiff: 18:30 Uhr
SCR Altach vs GAK 4:1 (2:0)
赤い悪魔はお眠り中・・・ アルタッチ5位に浮上。

23.09. - Anpfiff: 18:30 Uhr
SV Ried vs Superfund 1:1 (1:0)
パッシングは前半30分に退場者を出しながらも気合で引き分けに持ち込む。

23.09. - Anpfiff: 18:30 Uhr
Rapid Wien vs FC Wacker 1:1 (1:1)
試合終了間際、チロル10番のマダー退場。

23.09. - Anpfiff: 18:30 Uhr
Sturm Graz vs RB Salzburg 2:1 (2:0)
シュトルムはゴール前の混戦とセットプレーで2得点。あせった赤牛は後半開始と同時にヤンコ、フォンランテンを投入。ヤンコは振り向きざまシュートでゴールを決めるも追いつけず。ヤノチコさんのミドルもクロスバーに嫌われる。

24.09. - Anpfiff: 15:30 Uhr
Mattersburg vs Austria Wien 1:0 (0:0)
マッタースブルクHOMEでしたたかに仕返し成功。2位に浮上。
posted by どとう at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | T-MOBILE BUNDESLIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

オーストリアリーグ第9節

オーストリアリーグ第9節結果:

16.09. - Anpfiff: 18:30 Uhr
FC Wacker vs Rapid Wien 2:2 (0:0)
チロルは2位を死守。

17.09. - Anpfiff: 15:30 Uhr
GAK vs SCR Altach 1:1 (1:0)
GAKは終始アルタッチに支配される。

17.09. - Anpfiff: 15:30 Uhr
Austria Wien vs Mattersburg 3:1 (2:1)
FAKはうれしい今期初勝利。マッタースブルクのモルツは今期4ゴール目を決める。

17.09. - Anpfiff: 15:30 Uhr
Superfund vs SV Ried 0:0 (0:0)
パッシングはUEFAの疲れか、振るわず。リートも譲らず。

17.09. - Anpfiff: 15:30 Uhr
RB Salzburg vs Sturm Graz 2:0 (0:0)
赤牛は終始攻め続けた。ヤンコの今期リーグ初ゴールで先制(頭で)。シュトルムは赤牛からレンタルに出されたゲルカリウが後半55分に退場。レッゲブ(ライトゲブ)はポストかすめるFKを蹴る。しかし、赤牛の怒濤の攻撃の前に成すすべなく。

posted by どとう at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | T-MOBILE BUNDESLIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

シャルナー、2ゴール!!

イングランドプレミアリーグは16日、ポール・シャルナーが所属するウィガンはAWAYでエバートンと対戦。シャルナーは守備的MFで先発フル出場。2度にわたる同点打を決め引き分けに持ち込んだ(頭と左足でのゴール)。

シャルナーはスイストーナメント時から代表チームに呼ばれなくなり、「難民」としてオーストリアでは呼ばれているが、代表復帰に猛烈アピールをしている。
scharner-goal.jpg

一方、ミドルスブラのポギー(ポガテツ)はAWAYでボルトンと対戦。先発フル出場。0-0のスコアレスドロー。



posted by どとう at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップ、アメリカへ

9/15、RBニューヨークは元オーストリア代表MFマルクス・ショップの獲得を発表しました。契約条件は非公開。背番号は未定(おそらく24かな?)。
早速、16日のColumbus Crew戦から出場予定→出場せず 1-0で勝利

赤牛ニューヨーク支店の支店長(監督:Bruce Arena)はショップ兄貴の加入を歓迎。
「我々はマーカスが短期と長期にわたりRedブルズを助けることができる選手であると思っている」
「彼は我々のクラブに豊かな経験を持ち込み、熱心に、我々のためにプレーすることを楽しみにしている」

赤牛ニューヨーク支店は現在リーグ5位。有名選手には元フランス代表のユーリ・ジョルカエフがいる。


posted by どとう at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健闘、健闘・・・・

UEFA杯出場中のオーストリアのクラブは健闘しています。
しかし、健闘なだけで金星を挙げたわけではありません。

レギア・ワルシャワ(POL)vsFKオーストリア・ウィーン 1-1

RBザルツブルクvsブラックバーン・ローバーズ(ENG) 2-2
ボンバーヤンコが復活同点ゴール!!

ASリボルノ・カルチョ(ITA)vsSVパッシング     2-0

janco-fuxtukatu.jpg
今年も頭で魅せてくれ!

オーストリア人所属チーム(海外)

パナシナイコスFC(GRE)vsFCメタルフ・ザポロージェ(UKR) 1-1
○イヴァンシュイッツ所属 風邪のためベンチ外
パナシナイコスは今期成績不振で早くもハンス・バッケ監督を解任


FCシオン(SUI)vsバイヤー・レバークーゼン(GER) 0-0
○クルジッチ所属 スタメン出場 後半75分に交代

ビトリアFC(POR)vsSCヘーレンフェーン(NED) 0-3
○プラハー所属 スタメンフル出場
ビトリアFCはエリオ・ソウザ監督を解任

AZアルクマール(NED)vsカイセリスポル(TUR) 3-2
○アカグンドゥズ所属 スタメン出場 後半64分に交代

posted by どとう at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ポガテツ立ち上がる!!

なかなか引越し後、地に足がつかず更新をしていなかったのですがオーストリアでは大変なことになっていました。
若干訳を修正しました(9/13)

先週行われたスイスでの2連戦で結果を残せなかったチームはついに内部から反発が・・・どうしましょう・・・

ポガテツが公の場で監督やキャプテンであるイヴァンシュイッツを批判。ポガテツは「監督は戦術的に無能である」と語り、物議をかもした。一方、監督は代表22キャップのポガテツは構想から外れていると語っていた(いいプレーヤーは他にもいるなどと)。先週金曜日に(電話で)話し合いを持ち、監督はチームプレーを行う競技における基本的なマナー(公でチームメイトやコーチなどを批判をしない)を破ったとして、ポガテツを召集しないことを明らかにした。そして、スイス合宿中にまったく不満な様子を見せていなかったポガテツの今回の一連の声明には驚いていると語っている。

キャプテン批判:
ポガテツはキャプテンであるイヴァンシュイッツをキャプテンとしては物足りないと批判している。

以下Spo1のインタビュー、粗訳ですが一部を:

「Andyは我々の中でもベストプレーヤーの一人である。しかし、チームを引っ張る選手ではない。いつも当たり障りなく接している。協会にとってこれほど楽なことはないだろう。しかし、我々選手にとっては物足りない(ダメなんだ)。」
(要するにAndyは人が良すぎて人望がないと言っているご様子。)

(-ではどんな人がキャプテンに相応しいですか?)
「若い選手はキャプテンに対して尊敬しなければならない。しかし、尊敬されるには経験を積んだ人間でなければならない。そして、チームのために悪役(協会やコーチなどに意見を言う)に回ることも必要である。例えば、アウフハウザーやシュトランツルがそうである。今、チームはもう一人のキャプテンを必要としている。」

一方、イヴァンシュイッツは:
「監督と私への彼(ポガテツ)の批判には驚いている。チームと私は完全に我々のコーチを支持することを明らかにしたい。そして、我々は一緒に現在の危機の解決策を見つけたい。」

髪がのびたエマニュエル^^.jpg
(今は坊主です。)

ポガテツは自分でわざと悪役に回り、チームの内情を代弁している。キャプテンや監督、協会に対する不満はチーム内(ポギー曰く、ほとんど)に広がっているようだ。

オーストリアではポガテツを「独り(よがり)の革命家」として話題を独占している。
そして、協会HPのチームメンバー紹介からポガテツの名前が消えている。




posted by どとう at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。