2006年02月24日

オーストリア代表、カナダ戦のメンバーを発表

2/23、オーストリアサッカー協会は3/1ウィーンで行われるカナダ戦に臨む代表メンバー18人を発表した。

TOR(GK): Jürgen Macho (1. FC Kaiserlslautern/4 Länderspiele), Helge Payer (Rapid Wien/7)

ABWEHR(DF): Andreas Dober (2), Martin Hiden (32/1 Tor), Markus Katzer (alle Rapid Wien/6), Ferdinand Feldhofer (Wacker Tirol/4), Emanuel Pogatetz (FC Middlesbrough/19/1), Paul Scharner (Wigan Athletic/12), Joachim Standfest (Liebherr GAK/9/1)

MITTELFELD(MF): Rene Aufhauser (29/5), Andreas Ivanschitz (18/2), Markus Schopp (alle Red Bull Salzburg/56/6), Zlatko Junuzovic (Liebherr GAK/0), Markus Kiesenebner (Austria Magna/10/1), Yüksel Sariyar (Superfund Pasching/2/1)

ANGRIFF(FW): Muhammet Akagündüz (Rapid Wien/4/1), Sanel Kuljic (SV Josko Ried/4), Roland Linz (Austria Magna/13/2)

ERSATZ(補欠): Andreas Schranz (5) - Martin Amerhauser (beide Liebherr GAK/12/3), Michael Mörz (SV Mattersburg/1), Thomas Pichlmann (Superfund Pasching/2)

今回、ヒッケルスベルガー監督は1月のスポーツテストとドバイ合宿でのメンバーを基本にさらに海外組をあわせ選出。その他、ケガ明けのユクセル・サリヤーも召集された。今回初召集された、GAKのZlatko Junuzovicは、ドバイ合宿で監督のハートをつかみ初召集された。その他、GAKのアントン・アーマンはコンディション不良などにより見送られ、Jリーグで活躍しているマリオ・ハースも長距離の移動や親善試合という事を考慮し見送られた。シュトランツルは膝のケガ。イベルツベルガーは試合当日に1860ミュンヘン戦を控えているので召集を断念した模様。ヴァイゼンベルガー(フランクフルト)はクラブでの試合出場が少なく見送り。

今の時点で、私(管理人)が当日のスタメンを予想すると、2トップはFWのアカグンドュヅ、リンツで決まりそう。中盤は右からショップ、キーセネブナー、アウフハウザー、イファンシュイッツの現時点でのオーストリア最高の4人で決まりか。DFはシュトランツルのいない穴をヒデン、フェルトフォファーのどちらかで埋めシャルナーとのCBを構成。SBには左ポガテツ、右ドバー。GKはマホか。しかし、体調万全ならペイヤーもありうる。

(※あくまでも管理人の推察です。当日、どうなるか分りませんのであしからず。)
posted by どとう at 01:15| Comment(4) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます!!オーストリア好きなんですね♪
Posted by takeru at 2006年02月26日 15:16
、「、ハ、ソ、ホ、ェ、゙、、ウス鯆ホクウ、アア遉キ、゙、ケ。ェフオホチ・ィ・・ネ・遙シ、マ、ウ、チ、鬢ォ、鬘ェ
Posted by 、ェ、゙、、ウ at 2008年07月13日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13688174

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。