2006年02月26日

マホ離脱

オーストリア代表GKユルゲン・マホ(カイザースラウテルン所属)は25日のAWAYマインツ戦でMichael Thurk選手と接触し負傷。(試合は勝利)
マホの離脱により、ヒッケルスベルガー監督はカナダ戦の招集名簿をGAKのアンドレアス・シュランツに書き換えた模様。
シュランツは昨年9月のポーランド戦、アゼルバイジャン戦でスタメン出場し、今年はドバイ合宿にも召集されペイヤーとポジションを争そっている。

シュランツ!君が最後の砦だ!!.jpg

25,26日のリーグ戦でショップ(肩を負傷)、クルジッチ(膝か?)が負傷し召集メンバーから外された。代わりに、マッタースブルクのマイケル・モルツを招集。モルツは25日のリーグ24節、対SVリート戦で2ゴールを挙げる活躍をしていた。
代表ラストキャップは2005年9月のアゼルバイジャン戦(AWAY)

追記
クルジッチの代わりに、GAKのローランド・コルマンを召集。
コルマンの召集は1年半ぶり。
ラピド・ウィーンのマルクス・カッツアーも足の炎症により離脱。代わりに、ザルツブルク所属のロナルド・ゲリカリウを召集。
posted by どとう at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13839822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。