2006年03月05日

出直し・・・ カナダ代表(0-2)に負ける

3/1、オーストリア代表はヒッケルスベルガー新体制になってからの初めての実戦となるカナダ代表とフレンドリーマッチを行った。スタメンは以前予想したのとほぼ同じ布陣。ただ、代表辞退のショップに代わり、GAKのスタンドフェストが右MFを務めた。

試合は前半の早い段階でオーストリアが試合を優勢に進め、前半34分ゴール前18メートルからのFKをイファンシュイッツが狙うがクロスバーに嫌われる。後半からヒデンに代え、フェルトフォファーを投入。一方、カナダはブレンナンを投入。後半このブレンナンがオーストリアDFの隙を突き2ゴールを決める。
その後の不甲斐ないチームにサポーターが怒りをあらわにする場面も。後半80分イファンシュイッツの交代時には野次が飛ぶほど。(イファンシュイッツはなかなか良い動きをしていたので交代に対するブーイングか??)

試合後のヒッケルスベルガー監督のコメントから「カナダが私たちよりも上だった」と完敗を認めるコメントが飛び出し、出直しを訴えた。
(ついでに、この試合には1860ミュンヘンなど数チームのスカウトが観戦していた模様。目当てはリンツか??)

私(管理人)としては、カナダサッカー協会の方で試合がライブ中継されていたというのを後からキャッチし、何度もアクセスするが時すでに遅し・・・
試合の結果より凹んでおります。。。
試合は負けてしまったけど、カナダがたまたま良いパフォーマンスをしただけ!本番まで時間はあるのでヒッケルスベルガー監督の手腕を信じてついていくだけです。

(5月のクロアチア戦、放送があったらいいなぁ・・・)

一方、U-21代表はAWAYでスイスに4-2と完勝
スイスのミスにつけこんで勝利した模様。
Tor: 6. Fuchs 0:1. 25. Calla 1:1. 35. Garics 1:2. 53. Garics 1:3. 67. Margairaz 2:3. 68. M・sner 2:4.
posted by どとう at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14184264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。