2006年04月04日

レッドブル、優勝へと突進

オーストリアリーグ第29節。イファンシュイッツが所属するレッドブル・ザルツブルクはHOMEでGAKと対戦。最近数試合パフォーマンスの悪いGAKを完膚なきまでに5-0と粉砕。首位オーストリア・ウィーンへ勝ち点差2と迫った。絶好調ヤンコの2得点とアウフハウザーの打点の高いヘディングシュートによる2得点。そして、アウフハウザーのお膳立てをしたイェゼクの1得点。

GAKの大敗は2001年9月16日のチロル戦(0-7)以来だそうです。

この試合、Andyは累積警告でお休み。前節のオーストリア・ウィーンとの総力戦(2-2)で今期5枚目の黄紙をもらっていたため。

アウフハウザーの2得点.jpg

大勝の反動がきやすいザルツだけに次戦のマッタースブルク戦が気になるところ。
posted by どとう at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょこっとご無沙汰してしまいました。
ここんとこ記事が書けないでいます。

オーストリアリーグ、マジで優勝の行方も降格の行方も混沌としてきましたね。
30節FAKはGAKとスコアレスドロー
今日のザルツ−マッターズブルグ戦の結果如何では首位を入れ替わるかもです。
どうも土壇場に弱いのはあいかわらずで・・とほほ
でもマッターズブルグもアドミラの急追を受けているのでキューバウアーキャプテンが一大奮起するかもですね。ザルツも必死にならないと。
Posted by bella at 2006年04月09日 11:38
bellaさん、こんにちは。
やはり、ザルツに反動がきてしまいました・・・

マッタースブルクの気合に負けたというか、ザルツの気の緩みなのか、支配していての負けなので尾を引きそうです。。。
やはり、bellaさんの言った通りキューバウアーの膝がAndyの頭を直撃!?などなど活躍していましたよ(ザルツホムペより)
Posted by どとう at 2006年04月11日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。