2006年05月17日

オーストリアリーグ05/06シーズン終了

5/13で05/06オーストリアリーグ(T-Mobile Bundesliga)の全36試合が終了。
今期の得点王はSVリートのクルジッチとFKオーストリア・ウィーンのリンツ、ともに15ゴール。
ザルツブルクのヤンコが11ゴールで3位。12位にツイックラーの9ゴール。13位に終盤立て続けにヘッドでゴール量産したアウフハウザー(8ゴール)。イヴァンシュイッツは6ゴール(26位)。

○最終節
ザルツブルクはAWAYで最下位アドミラと対戦。序盤、日本代表守護神川口よりも積極的なマニンガーはペナルティーエリアの外でヘディングクリア。しかし、弾いたボールが敵に渡りあわや失点のシーン。
だが、マニンガーはこの日すばらしい反応でセーブをしてみせたりとアドミラを無失点完封。オフェンスではA代表初選出のヤンコが今期11ゴール目で先制。そして、イヴァンシュイッツのFKにアウフハウザーがあわせ追加点。最後にメイアレブが決めて3点差。実力の違いをみせつけた。来シーズンはCL予備予選2回戦から欧州カップ戦に挑戦。オーストリア・ウィーンは3回戦から。パッシングはUEFA杯へ。目指すはグループリーグ進出。

☆イヴァンシュイッツの05/06シーズン成績(リーグ戦)
30試合出場
6ゴール(ラピド:5 ザルツ:1)
 詳細(左足5・右足1)(PK:1ゴール FK:1ゴール)ペナルティーエリア内・2ゴール エリア外・2ゴール
14アシスト
イエローカード5
レッドカード0
こっち向いてるAndy!!.jpg

チャンピオンズリーグ
予備予選3試合出場(2回戦デュドリンゲン、3回戦ロコモティフ・モスクワ戦)
本選(グループステージ)5試合出場
セ走するAndy!.jpg

数字が表しているようにAndyにとって2005〜2006年は最高のシーズンだったといえるだろう。ラピドでCLに出場し冬にはザルツブルクへ電撃移籍。背番号10に恥じないプレーでシーズン14アシストを達成。
次は是非代表での活躍(アシスト&ゴール)を期待したい。
posted by どとう at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | T-MOBILE BUNDESLIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。