2006年08月23日

弱腰な赤牛・・・

8/22、チャンピオンズリーグ予備予選3回戦2ndレグ。RBザルツブルクはAWAYバレンシアに乗り込んでの一戦。
ザルツブルクは1stレグのアドバンテージを前半のうちに引っくり返され0-3と完敗。ツィックラーの欠場(風邪?)が響き、弱気(守備的)な布陣で臨んで、バレンシアを押さえられると勘違いしてしまったようだ。1トップという今シーズン好調な布陣も、ツィックラーの欠場で不可能になってしまっていた。しかし、国際経験の少ないアマチュアのオロズをツィックラーの代わりに出場させる。前半2失点してしまう展開に後半の早い段階にティファートに代えフォンランテン、オロズに代えロクベンツを投入。トップ下のピタックを1stレグと同じ右サイドへ戻した。1ゴールで逆転という展開もバレンシアの前になすすべなく、試合終了直前に3点目を決められ「THE END」

バレンシアはケガ人や契約問題で主力が欠けていたが問題ではなかったようだ。
ケガ人を多く抱える赤牛。CL出場が叶わなかった今、リーグでの好調さはどこまで続けられるだろうか。残るはUEFA杯。

bull-valencia.jpg
↑赤パンツに青シャツ・・・なんじゃこりゃ?

ザルツブルクスタメン:

      Ochs
Bodnar, Vargas, Linke, Dudic

    Kovac, Carboni
 Tiffert,     Aufhauser
      Pitak

      Orosz

Tor:Morientes (12.), Villa (32./Elfmeternachschuss) 、Silva (93.)
posted by どとう at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。