2006年10月12日

スイス戦 勝利!!

11日インスブルックで行われた、EURO2008共催国スイスとのフレンドリーマッチは前半猛攻を仕掛けたオーストリアが2点を奪い、後半1点を返されたもののマホの好セーブなどにも助けられ勝利を収めました。厳しい批判を跳ね返す勝利に夢を見ているようだとオーストリアでは取りざたされています。

収穫
この試合では多くの収穫がありました。まず1つ目はクルジッチとリンツの共存は可能であること。プラハーの持っているポテンシャルの高さが証明されたこと。右サイドでイヴァンシュイッツが代表でもきちんと仕事をこなせたこと(ラピド時代には左右中央とどこでもこなせていたが)。やはりマホが正ゴールキーパーであること。DFの要であるシュトランツルが怪我癒えていないのにがんばっていたこと。などなど。そして、勝利へチーム一丸で臨めたことが一番大きい。

得点の流れ
○1点目はカウンターから左SBのフッツが突破し、クルジッチへスルーパス。これをクルジッチがマークを背負いながらワンタッチで中央のリンツへ、そこでリンツがスイスDFマニャンに倒されてPK獲得(かなり微妙だが)。キッカーのリンツは冷静にグランダーのシュートを決め先制。
○2点目はリンツが楔になりプラハーにボールをはたく(リンツはゴール前へダッシュ)。そのプラハーが右サイドで張っていたイヴァンシュイッツへやわらかいパスを送る。パスをうまくトラップしたイヴァンシュイッツは得意の左足でゴール前で激しいポジションニング争いをしているクルジッチへクロスをあげる。そのクルジッチが見事に合わせて2点目。

kuljic-goal-schweiz.jpg

スイスのサイトにゴールシーンの動画がアップされています。
⇒リンツのゴール
⇒クルジッチのゴール
⇒失点シーン(シュトレラーのゴール)

Österreich - Schweiz 2:1 (2:0)
Innsbruck, 11.000 Zuschauer, SR Svendsen (DEN)

Tor: Linz (24., Elfmeter), Kuljic (36.); Streller (70.)

Österreich spielte mit: Macho - Ertl, Martin Hiden, Stranzl (46. Feldhofer), Fuchs - Ivanschitz, Aufhauser, Prager (84. Garics), Weissenberger (90. H. Eder) - Linz (61. Akagündüz), Kuljic (83. Leitgeb)

フォーメーション:4-4-2
       MACHO
 ERTL STRANZL HIDEN FUCHS
   PRAGER AUFHAUSER
IVANSCHITZ      WEISSENBERGER
      LINZ KULJIC

Spor1による選手評価:オーストリアは5段階評価になってます
Sehr Gut>Gut>Befriedigend>Genügend>Nicht Genügend

GK:
JÜRGEN MACHO (8 Länderspiele / 0 Tore): Sehr Gut
DF:
JOHANNES ERTL (4/0): Befriedigend
MARTIN HIDEN (36/1): Gut
MARTIN STRANZL (34/2): Gut
CHRISTIAN FUCHS (3/0): Gut
MF:
ANDREAS IVANSCHITZ (25/3): Gut
RENE AUFHAUSER (35/5): Befriedigend
THOMAS PRAGER (6/1): Sehr Gut
MARKUS WEISSENBERGER (24/1): Gut
FW:
ROLAND LINZ (19/5): Gut
SANEL KULJIC (7/2): Sehr Gut

途中出場
FERDINAND FELDHOFER (11/0): Befriedigend

先のリヒテンシュタイン戦ではほとんどの選手が可、不可だったのがスイス戦では見間違えるほどいい評価になっいます。
リヒテンシュタイン戦の選手評価⇒こちら


背番号
1 - Jürgen MACHO
2 - Johannes ERTL
3 - Martin STRANZL
4 - Martin HIDEN
5 - Christian FUCHS
6 - René AUFHAUSER
7 - Thomas PRAGER
8 - Markus WEISSENBERGER
9 - Roland LINZ
10 - Andreas IVANSCHITZ
11 - Sanel KULJIC

サブ:
21 - Helge PAYER
13 - György GARICS
14 - Ferdinand FELDHOFER
15 - Gernot PLASSNEGGER
16 - Christoph LEITGEB
17 - Hannes EDER
18 - Muhammet AKAGÜNDÜZ

前半24分、リンツがPKを決め先制!!(マグニンがリンツを倒す)
前半36分、クルジッチがヘディングでゴール!!(Andyのクロスから)
前半44分、ヴァイゼンベルガーにイエローカード。
後半開始にシュトランツルと交代でフェルトフォファー登場。
後半62分、リンツに代わりアカグンドゥズ登場。
後半70分、スイスシュトレラーに決められる。
後半83分、クルジッチと交代でライトゲブ登場。
後半84分、プラハーと交代でガリクス登場。
後半90分、ヴァイゼンベルガーと交代でエデル登場。
posted by どとう at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。