2006年11月15日

代表あれこれ 〜トリニーダード編〜

今年最後の強化試合であるトリニダード&トバゴ戦が今夜行われます。
マホ、プラハーなどスイス戦で活躍したメンバー数人が外れていますが、イタリアで覚醒中のマニンガーが先発で出場見込みとなっています。

予想先発:4-4-2(4-2-2-2)
        Manninger
 Ertl, Martin Hiden, Stranzl, Fuchs
     Ivanschitz, Aufhauser,
  Sariyar,          Leitgeb
      Linz   Kuljic

2トップはスイス戦で爆発したリンツ&クルジッチの最強コンビ。リンツはポルトガルで得点を量産し続けています。GKは2年ぶりのマニンガー。2004年10月のイングランド戦、ポーランド戦以来の代表の試合だけあって気合がはいっています。しかし、ザルツ在籍時はかなりポカが多かったので代表の試合で今の調子を崩さないようにしてもらいたいです。

kanntokufurimu.jpg
ヒッケルスベルガー監督は、記者の戦術についての質問を一蹴しました。ポガテツ問題で戦術批判が影響しているようです。ただ、スイス戦でみせたプレーができれば勝てるだろうと言っています。まず、主導権を取る事がとても重要でDFを固めてくるだろう相手に対し早いボール運びで、サリヤー、ライトゲブの両ウィングからの攻撃を有効的に使うことがポイントになってくるでしょう。

andy-kantoku.jpg
イヴァンシュイッツの意気込み:
「私たちは、まだまだ自分を見なければなりません。私たちは世界レベルからまだ遠い段階です。しかし、今回のトリニダード戦は世界レベルへの途中の小さなステップになります。」・・・・とまだまだ気合の入ったコメントが続いていたのですが訳出しに断念してしまいました(涙-ゴメンナサイ

最後にトリニダード情報
主将であるヨークは今回いないようです。
予想先発:4-5-1
Williams (W. Connection/TRI)
Gray (San Juan Jabloteh/TRI), Jack (Tobago United/TRI), Lawrence (Swansea City/WAL), Charles (Glenovan Lurgan/NIR)
Edwards (Luton Town/ENG), Birchall (Coventry City/ENG), Theobald (Caledonia Aia/TRI), Whitley (San Juan Jabloteh/TRI), Samuel (Dundee United/SCO)
John (Coventry City/ENG)
posted by どとう at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。