2006年11月18日

トリニダードに完勝!!

「終わりよければすべてよし」

2006年はトリニダード&トバコ相手に4-1という圧勝劇で締めくくりました。リンツ、クルジッチが不発の中、アウフハウザーがハットトリックを決める凄まじい活躍でベストメンバーを組めないトリニダードを圧倒(代表戦でのハットトリック達成は1999年のサンマリノ戦のヴァスティッチ以来だそうです)。ヒッケルスベルガー監督就任当初は前途多難な船出でしたが、10月からはリヒテンシュタイン、スイス、トリニダードと3連勝。EURO2008へ向け着々とステップアップ中です。来年は3月にAWAYでのフランス戦を控えています。2006年は強豪と戦う機会がスイスやクロアチアのみでしたので、フランス戦は今から楽しみなところです。チームの完成度が試されるいい機会です。

yaxtutazo02.jpg
レネさんを祝福する10番がまぶしいよ〜Andy!!

Österreich - Trinidad & Tobago 4:1 (3:1)
Wien, Ernst-Happel-Stadion, 13.100 Zuschauer, SR Matejek (CZE)

Tor:Aufhauser (14., 25., 44.), Feldhofer (80.); Samuel (23.).

フォーメーション:4-4-2
               Manninger
Ertl (59. Standfest), Martin Hiden (46. Feldhofer), Stranzl, Fuchs
Ivanschitz, Sariyar (59. Junuzovic), Aufhauser, Leitgeb (46. Garics)
         Linz (71. Akagündüz), Kuljic (71. K. Salmutter)
posted by どとう at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27715677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。