2007年09月04日

シュトランツル、アウト。

シュトランツル(全治1ヶ月?)&カッツァーが、ケガのため、アウト。
代わりに、ゲルカリウを召集。

シュトランツルの負傷で、キャプテンは、ヒデン??

日本戦を前にして、不安が募るばかり。。。
posted by どとう at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

4ヶ国トーナメントのメンバー発表!!

8/28、9月7日(日本戦)11日(チリ戦)に行われる、オーストリア4ヶ国トーナメントに臨む、メンバー20人が発表されました。

GK:
Jürgen Macho (Kaiserslautern/11 Länderspiele)
Alexander Manninger (Siena/22)
Helge Payer (Rapid/12)

DF:
Christian Fuchs (Mattersburg/9/0 Tore)
Martin Hiden (Rapid/42/1)
Györgi Garics (4/1/Napoli)
Markus Katzer (Rapid/10/0)
Jürgen Patocka (Rapid/1/0)
Sebastian Prödl (Sturm Graz/3/0)
Joachim Standfest (Austria/22/1)
Martin Stranzl (Spartak Moskau/40/2)

MF:
Rene Aufhauser (Salzburg/42/9)
Christoph Leitgeb (Salzburg/12/0)
Michael Mörz (Mattersburg/8/0)
Thomas Prager (Heerenveen/10/1)
Klaus Salmutter (Sturm Graz/2/0)
Jürgen Säumel (Sturm Graz/5/0)

FW:
Martin Harnik (Werder Bremen/1/1)
Sanel Kuljic (Austria/14/2)
Roland Linz (SC Braga/26/5)

補欠:
Hans Peter Berger (Ried/0):GK
Cem Atan (Mattersburg/2/0):以下MF&FW
Johannes Ertl (Austria/5)
Markus Weissenberger (Eintracht Frankfurt/25/1)
Thomas Wagner (Mattersburg/0)

今回は、初顔はなく、ヒッケルスベルガー監督もレギュラーメンバーを固めてきたご様子。
右ひざを痛めていた、主将イヴァンシュイッツは、所属するパナシナイコスのチームトレーニングに参加できるほど回復していたものの、クラブドクターの判断で見送られてしまいました。(とても残念。。。)
そして、22日のチェコ戦でケガを負ってしまった、SBのイベルツベルガーは召集されず、代わりにナポリのガリクスが召集されました。ガリクスは、セリエAナポリにおいてトップチームデビューを果たし、実力をつけています。(2月のマルタ戦以来です)
今、オーストリアサッカー界の注目を一身に浴びている、ワンダーボーイ、マルティン・ハルニクも、チェコ戦に引き続いて召集されました。期待大です!

☆Spo1の前に、スタメン大予想!!!☆
posted by どとう at 01:54| Comment(9) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

シャルナーもゴール!!

8/25、イングランドプレミアリーグ、ウィガンに所属する、元オーストリア代表、パウル・シャルナーが、AWAYのウェストハム戦で、先発出場。後半33分に先制となるゴールを決めた。

チームは、3分後に失点し1-1のドロー。

syaruna-021.jpg
代表には戻れないのかな??
posted by どとう at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハルニク、鮮烈なデビュー弾!!!!!!

8/25、ドイツブンデスリーガ、ベルダーブレーメン所属のマルティン・ハルニクが、FCニュルンベルク戦でトップチームデビューを果たし、そして、決勝ゴールを叩き込んで、先のチェコ戦に続き、鮮烈なデビュー戦を飾った。

4万5千200人の観衆が見守る中、後半61分、ローゼンベリとの交代でピッチに立ったハルニクは、69分に見事にゴールネットを揺らてみせた。試合終了間際にも、おしい場面があった様子。

haruniku001.jpg
『オーストリアの超新星!!』降臨か!?
ハルニク君、おめでとう!! 日本戦でも1発お願い(笑

posted by どとう at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

御用商人である黒豹屋と契約延長

21日、オーストリアサッカー協会は、ユニフォームやスパイクの供給を受けているプーマと、2010年までパートナー契約を延長することを発表。

pum-to-osutori.jpg
ちゃっかり、ハルニクくんを担ぎ出しています(笑)

posted by どとう at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

要チェックやわ!!スカウトさん大集合!!

今晩行われる、チェコ戦に、各国有名クラブのスカウト陣がエルンスト・ハッペル・シュタディオンに結集するみたいです。
(お目当ては、誰なんだろうねぇ??)

チェルシー、ニューカッスル、イプスウィッチ(以上、イングランド)
バイエルン、ブレーメン、レバークーゼン、ハノーファー、ケルン(以上、ドイツ)
インテル、ACミラン、(以上、セリエA)
セルティク、AEKアテネ、その他。。。

あと、オーストリア連邦総裁(大統領)のハインツ・フィッシャー氏も観戦に訪れるそうです。(2児のパパで、趣味は山歩きだそうなw)

posted by どとう at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1トップのシステムを採用か?

今夜、ウィーンで行われるチェコ戦で、クルジッチの1トップを採用する見込み。(Spo1より)

システムは、4-2-3-1
o-sutoriavsche-fr.gif

GKは順番で、マニンガー。(途中交代で、マホもあり)

ディフェンスは、大方の予想通り。
安定したプレーをみせるスタンドフェスト。U20代表でキャプテンとして、鉄壁の守備を築いたプロードル。代表の中心でこの試合、主将を務めるシュトランツル。攻撃的SB、フクス。しかし、ヒデンを重用する監督だけに、プロードルに変わり、ヒデンが先発の可能性もある。

中盤は、ディフェンシブな位置にアウフハウザーとプラガー。攻撃的な位置に、ハルニク、モルツ、ライトゲブ。マッタースブルクでのポジションを与えられたモルツに期待。

フォワードは、今シーズンからオーストリアに復帰した、クルジッチ。リーグで7試合4ゴールで、コンデションはすこぶるいい。ブラガに移籍した、リンツは交代での出場か。(今回、FW登録選手は3人なので)
posted by どとう at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

チェコ戦のメンバー発表!!

(訂正して再送しました)
8/17、来週22日に行われるチェコ代表との親善マッチに臨む、代表メンバー20人が発表されました。(試合会場はエルンスト・ハッペル)

●代表キャプテンである、『イヴァンシュイッツ』は、右ひざを痛めているらしく、見送り。(しかし、大丈夫らしい)チェコ戦のキャプテンは、『シュトランツル』が務めます。

●代表初召集は、U20代表で活躍している『マルティン・ハルニク』。ブレーメン所属で、先の練習試合“ドイツカップ”で2得点をあげ、只今売り出し中である旬な若手。先月カナダで行われたU20W杯の3位決定戦対チリ戦において、再三相手ゴールを脅かしていた。(正直、相手のGKが神がかっていた。。。)

●その他、『ミカエル・モルツ』が久々の代表召集を受け、チャンスを与えられた。マッタースブルクにおいて、チームの柱として君臨する彼は、MFでありながら、年間10ゴール以上を叩き出している実力派。クラブではFKとPKを担当しており、PKはほぼ完璧に決めている。飛び出しからのゴールに加え、ミドルレンジからも、ゴールを決められることができる。まるで、オーストリアのフランク・ランパードのような選手と言えるかもしれない。しかし、代表では結果を残せず、同じタイミングでA代表デビューした、Andyにはかなり水をあけられてしまっている。ポジションの関係で、なかなか代表にはフィットしきれないでいるのが原因か。(おそらく、トップ下の高めのポジションがイイのかもしれない)

GK:
Jürgen Macho (1. FC Kaiserslautern/11 Länderspiele/0 Tore)
Alexander Manninger (AC Siena/21/0)
Helge Payer (SK Rapid Wien/12/0)

DF:
Christian Fuchs (SV Mattersburg/9/0)
Martin Hiden (SK Rapid Wien/42/1)
Andreas Ibertsberger (SC Freiburg/10/1)
Markus Katzer (SK Rapid Wien/10/1)
Jürgen Patocka (SK Rapid Wien/1/0)
Sebastian Prödl (SK Sturm Graz/2/0)
Joachim Standfest (FK Austria Wien/21/1)
Martin Stranzl (Spartak Moskau/39/2)

MF:
René Aufhauser (Salzburg/41/9)
Christoph Leitgeb (Salzburg/11/0)
Michael Mörz (SV Mattersburg/7/0)
Thomas Prager (SC Heerenveen/9/1)
Klaus Salmutter (SK Sturm Graz/1/0)
Jürgen Säumel (SK Sturm Graz/4/0)

FW:
Martin Harnik (SV Werder Bremen/0/0)
Sanel Kuljic (FK Austria Wien/13/2)
Roland Linz (Boavista Porto/25/5)

補欠:
Hans Peter Berger (SV Ried/0/0)
Cem Atan (SV Mattersburg/2/0)
Johannes Ertl (FK Austria Wien/5/0)
Thomas Wagner (SV Mattersburg/0/0)
Markus Weissenberger (Eintracht Frankfurt/25/1)

☆チェコ代表メンバー☆
posted by どとう at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

パラグアイ戦はドロー。。。

4-5-1の布陣を採用:スタメン

        Macho
Standfest Hiden Stranzl Katzer
Leitgeb  Atan Aufhauser Fuchs
      Ivanschitz
       Linz

ost-pay001.jpg

シュトランツルが復帰。
GKは予想通り、マホ。
中盤を厚く5枚。
イヴァンシュイッツはトップ下??

☆ハーフタイム時のコメント☆
Andy:「我々はより攻撃的にプレーしなければならないと思っています。攻撃的にプレーすることにより、(得点の)可能性を得ることができました。私は、後半さらによくなると思います。」

選手交代:
【46分】
Sebastian Prödl⇔Martin Stranzl.
Erwin Hoffer⇔Cem Atan. ☆ホファーがA代表デビュー!☆
Yüksel Sariyar⇔Rene Aufhauser.
Jürgen Säumel⇔Christian Fuchs.
【67分】
Andreas Ibertsberger⇔Christoph Leitgeb

ここまでの選手交代からの推測布陣:4-4-2
        Macho
Ibertsberger Hiden Prödl Katzer
Standfest Sariyar Säumel Ivanschitz
      Hoffer  Linz

【78分】
Sanel Kuljic⇔Roland Linz.
posted by どとう at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

スコッチに負けてしもうた・・・

5/30、ウィーンのゲルハルト・ハナッピ・スタディオンで行われた、スコトッランドとのフレンドリーマッチは、序盤から優勢に試合を進めたスコットランドに0-1と、オーストリアはあまり見せ場を作れず、敗れてしまいました。
araaragoal.jpg

Österreich - Schottland 0:1 (0:0)
Wien, Hanappi-Stadion, 観衆13.200人, SR Szabo (HUN)

Tor: O'Connor (59.)

Österreich:4-4-2
              Payer
Standfest, Hiden (89., Prödl), Patocka, Fuchs (74., Katzer)
  Ivanschitz, Aufhauser (74., Sariyar), Säumel, Leitgeb
             Linz, Haas (60., Kuljic).

シュトランツルやプラハーはケガのため欠場していました。
ここのスタジアムは、ヒッケルスベルガー監督とAndyの因縁の場所です。ラピド・ウィーンのファンから、Andyに向け、野次が飛ぶほどラピドファンにとっては大きな裏切りだったのでしょう。。。かなり、根に持っているようです。。。
andyotukareyo.jpg
ザルツブルク移籍後、初めてハナッピのピッチに立つAndy。。。
posted by どとう at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。