2007年05月18日

スコットランド&パラグアイ戦のメンバー!

対スコットランド戦(30日)と対パラグアイ戦(6/2)のメンバー24人が発表されました!
初召集は4人!
今期絶好調なマッタースブルクからは長身(192p・93kg)CBのユルゲン・パトッカ(29歳)。彼は今期リーグで30試合出場。2ゴールをあげています。
シュトルム・グラーツからは新鋭セバスチャン・プレドル(19歳:192p・85kg)。今期15試合出場。第33節アルタッチ戦ではライトゲブからのクロスを頭で叩き込む決勝点を決めています。
リートから召集されたエウィン・スリマニは20歳。上背はありません(172p・67kg)が動き出しの速さが魅力的です。今期リーグ3ゴール。
ラピド・ウィーンから召集されたエルウィン・ホファー(20歳)は昨年のユース欧州選手権にて大活躍した選手です。今期リーグ20試合出場で4ゴール。特に第34節GAK戦では2ゴールをあげています。彼はユース出場30試合で18ゴールを量産している実績を持っています。A代表へのステップアップも全然不思議ではない選手です。期待大♪

久しぶりなところではラピドのカッツァーとシュトルムのサウメルでしょうか。ハースは前回に続き召集されています。あとは変わったメンバーはなく、ほぼ固定されてきています。心配なのが無所属になってしまったクルジッチ。。。コンディションは大丈夫なのでしょうか。。。

シーズン終了の時期なので選手の疲労はピークに達していると思われます。ケガも大変心配で補欠選手も多数選んでいるようです。あの『オーストリアのズラタニオ』アルナウトビッチも名を連ねています。

GK:
Jürgen Macho (1. FC Kaiserslautern/10/0)
Alexander Manninger (AC Siena/21/0)
Helge Payer (SK Rapid Wien/11/0)

DF:
Christian Fuchs (SV Mattersburg/7/0)
Martin Hiden (SK Rapid Wien/40/1)
Andreas Ibertsberger (SC Freiburg/9/1)
Markus Katzer (SK Rapid Wien/7/0)
Jürgen Patocka (SV Mattersburg/0/0)
Sebastian Prödl (SK Sturm Graz/0/0)
Joachim Standfest (FK Austria Magna/19/1)
Martin Stranzl (Spartak Moskau/38/2)

MF:
Cem Atan (SV Mattersburg/1/0)
René Aufhauser (Red Bull Salzburg/39/9)
Andreas Ivanschitz (Panathinaikos Athen/29/4)
Christoph Leitgeb (SK Sturm Graz/9/0)
Thomas Prager (SC Heerenveen/7/1)
Yüksel Sariyar (FC Superfund Pasching/7/1)
Jürgen Säumel (SK Sturm Graz/2/0)
Emin Sulimani (SV Josko Ried/0/0)
Markus Weissenberger (Eintracht Frankfurt/25/1)

FW:
Mario Haas (SK Sturm Graz/42/7)
Erwin Hoffer (SK Rapid Wien/0/0)
Sanel Kuljic (FC Sion/Vereinsaustritt/11/2)
Roland Linz (Boavista Porto/23/5)

【補欠】
GK:
Hans-Peter Berger (SV Josko Ried/0/0)
フィールド:
Marko Arnautovic (Twente Enschede/0/0)
Johannes Ertl (FK Austria Magna/5/0)
Ronald Gercaliu (FK Austria Magna/5/0)
Stefan Maierhofer (TuS Koblenz)
Klaus Salmutter (SK Sturm Graz/1/0)
Marko Stankovic (DSV Leoben/0/0)

☆今から先発大予想!!☆
posted by どとう at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

オーストリアのズラタニオ??

U-19代表のマルコ・アルナウトビッチ(Marko Arnautovic)をご存知だろうか?
どことなく、風貌(192p)も名前もイブラヒモビッチにているアルナウトビッチ。ルーツはイブラヒモビッチと同じバルカン半島にあるという。

o-zura01.jpg
先月、所属するオランダリーグのトゥウェンテと新たに4年契約を結び、4月14日の対PSV戦でデビューを果たす。今シーズントップチームでは2試合出場(0ゴール)。サテライトでは2ゴールをあげている。

オーストリアではいまいち評価されず、オランダからの誘いには迷うことはなかったと言うように、母国オーストリアではここまで早く成長することができなかったとアルナウトビッチ自信振り返っている。

o-zura02.jpg
そして、再三イブラヒモビッチとくらべらることについて、負担でもなんでもなく、プレー自体似ているので比べてもらっても結構などと大物の風格を垣間見せる発言をしている。

2007年秋からU-19に昇級するアルナウトビッチ。そんな彼の今後に注目していきたい。

「オーストリアのズラタニオ」覚えておきましょう!(笑

posted by どとう at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | U19-NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

☆お知らせ☆

3月17日から一週間ほど、お出かけをいたします。

ガーナ戦があるというのに気が引けますが、ご了承くださいませ。

オーストリア&Andyに神のご加護がありますようにm(゚_゚;m)
posted by どとう at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ハース復帰!!

ガーナ戦(24日)&フランス戦(28日)の代表メンバー23人が発表されました。
国内からは16人を召集。特にFKオーストリア・ウィーン(ゲルカリウ、キーセネブナー、スタンドフェスト)とSKラピドウィーン(ヒデン、ペイヤー、カフラク)からは3人づつの複数召集です。
そして、マリオ・ハースがすごく久しぶりに召集されました。
(前線での『タメ』を期待されているのかな?)
atan01-new.jpg
↑初召集はマッタースブルクのセム・アタン(21歳)

今回は最年少18歳のカフラク。最年長は34歳ヒデン。

以下:召集メンバー(太字は初召集)

GK:
Jürgen Macho(1. FC Kaiserslautern)
Alexander Manninger(AC Siena)
Helge Payer(SK Rapid)

DF:
Ferdinand Feldhofer(FC Wacker Tirol)
Christian Fuchs(SV Mattersburg)
Ronald Gercaliu(FK Austria Magna)
Martin Hiden(SK Rapid)
Andreas Ibertsberger(SC Freiburg)
Yüksel Sariyar(FC Superfund)
Joachim Standfest(FK Austria Magna)
Martin Stranzl(Spartak Moskau)

MF:
Cem Atan(SV Mattersburg)
Rene Aufhauser(Red Bull Salzburg)
Andreas Ivanschitz(Panathinaikos Athen)
Veli Kavlak(SK Rapid)
Markus Kiesenebner(FK Austria Magna)
Christoph Leitgeb(SK Sturm Graz)
Thomas Prager(SC Heerenveen)
Markus Weissenberger(Eintracht Frankfurt)

FW:
Mario Haas(SK Sturm Graz)
Zlatko Junuzovic(Liebherr GAK)
Sanel Kuljic(FC Sion/Vereinsaustritt)
Roland Linz (Boavista Porto)
posted by どとう at 02:19| Comment(0) | TrackBack(1) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

ガーナ代表メンバー発表

来週、グラーツUPC-Arena(3/24)で行われるガーナ戦のガーナ代表メンバーが発表されました。

ガーナ代表は24日のオーストリア戦の後にスウェーデンでブラジル代表(27日)とも対戦予定となっています。
『ブラックスターズ』と呼ばれるガーナ代表。そんなガーナ代表のキープレイヤーは主将であるアッピアーと先日チェルシーとの5年契約を結んだエッシェンです。アッピアーはセリエA(02/03シーズン)のブレシアでショップ兄貴とチームメイトであった選手でゲームをコントロールできる選手です。エッシェンは語るもなが。すばらしい身体能力と豊富な運動量、フィジカルの強さを持ち攻守の要な選手です。オーストリアはアフリカの国との対戦は久しく、身体能力の高いチームとの対戦はよい経験になると思います。28日のフランス戦(主力の出場は不明)を前に景気づけとなる勝利を挙げてほしいいです。
ap01.jpg
主将のアッピアー

GK:
Sammy Adjei (Mohadon Sports Ashdod/ISR)
Richard Kingson (BB Ankaraspor/TUR)

DF:
Hans Adu Sarpie (VFL Wolfsburg/GER)
John Paintsil (West Ham/ENG)
Francis Dickoh (FC Utrecht/NED)
Alfred Arthur (AshantiGold)
Iliasu Alhassan (Saturn FC/RUS)
John Mensah (Rennes/FRA)

MF:
Stephen Appiah (Fenerbache/TUR)
Michael Essien (Chelsea/ENG)
Laryea Kingson (Hearts/ECO)
Sulley Muntari (Udinese/ITA)
Haminu Draman Genclerbirligi/TUR)
Eric Addo (PSV Eindhoven/NED)
Michael Helegbe (Guingamp/FRA)

FW:
Junior Agogo (Nottingham Forest/ENG)
Peter Ofori-Quaye (OFI Kreta/GRE)
Asamoah Gyan (Udinese/ITA)
Derek Boateng (Beitar Jerusalem/ISR)
Alex Tachie Menson (St. Gallen/SUI)
posted by どとう at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

サムライブルーがオーストリアにやって来る!!

2/26、オーストリアサッカー協会公式HPで9/7、9/11の親善トーナメントの対戦相手が発表されました!

それは・・・・

日本!!
あとはチリです。。。

7. September:
Österreich vs Japan (Klagenfurt)
Schweiz vs Chile (Wien)

11. September:
Österreich vs Chile (Wien)
Schweiz vs Japan (Klagenfurt)


9/7、クラーゲンフルトにサムライがやって来ます!!

(まだ、日本のメディアでは発表されてません。)
3月1日に発表されました。

オシム効果ですね。個人的にオシムさんが日本の監督になった時点でオーストリアとの対戦がきっとあるなと踏んでいました(笑

協会HPには日本との対戦は初だそうです。オシムとの対戦は大変うれしいものです。世界的スーパースター中田(英)が引退しても、(少し)有名な選手がいます。赤牛には三都主、宮本がおり、その他には高原、中村、稲本など。06W杯に出場していました。02W杯には韓国と共同開催でベスト16進出。愛称は『サムライブルー』。

なーんて、書いてありました。(※注意 適当すぎる訳です。。。)


yaxtutazo02.jpg
posted by どとう at 23:11| Comment(4) | TrackBack(1) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

あぁ・・・、引き分け・・・ 《改定》

7日マルタで行われた、一戦は勇猛果敢なHOMEマルタに攻め立てられボレーからオーストリアは先制を許してしまう。後半にAndyのFKでなんとか追いついたが、自信に満ち溢れていたマルタに苦戦。なんとか1失点のみで守りきった。次戦はHOMEグラーツでのガーナ戦とAWAYでのフランス戦が控えている。

覚醒したマルタ騎士団
マルタといえば昨年、ドイツW杯直前のテストマッチで日本と対戦し記憶に新しいかもしれない。その後、マルタは10月のEURO2008欧州予選においてハンガリーを破る快挙を成し遂げていた。そして、マルタはこの試合、国際試合50周年の記念試合でもあり、マルタの自信はオーストリアをも凌ぐ勇猛果敢さに現れた。スタジアムも一体となりHOMEチームを後押しオーストリアを苦しめた。前半早い時間の先制点は大きな勇気につながったのだろう。
1957年2月24日:オーストリアはAWAYのマルタ戦で3-2と勝利を収めている。
試合開始前に国際試合50年を祝し、双方の記念品交換を行ったようだ。
sa-maluta04.jpg
先制を決めたマルタの主将アギウス

イヴァンシュイッツの意地
この試合、イヴァンシュイッツは前半4分に遠めからシュートを放つなど序盤から攻撃に参加。
sa-maluta05.jpg
しかし、前半8分の失点はAndyのクリアミスによるものであったようだ。相手のコーナーキックをクリアミスし、ボレーシュートを叩き込まれてしまう。その後の前半24分には左バーをかすめる際どいシュートを放たれあわや2-0となる場面もあったようだ。しかし、オーストリアも前半終了間際に主導権を握り始め、41分にはアウフハウザーがシュートを放つ。がミートせず。その直後、マルタのスタープレイヤー、ミフスドに単騎で突破されあわや失点かと思わされたが、マホが救ってくれた。
後半には当初の予定通りGKをマホからマニンガーへ交代。プラハーとイベルツベルガーに代え、キーセネブナーとフクスを投入。
開始早々にクルジッチがペナルティーエリア付近で倒されFKを得る。これをAndyが蹴り、相手にあたってコースが変わりゴールへ(後半48分)。その後もマルタのミフスドにDF陣がかき回され、後半50分のシュートはマニンガーのセービングで助かった。
sa-maluta06.jpg
クラブでもFKを決めており、感覚が残っていたみたい

sa-maluta07.jpg
黒シャツ&赤パンツのAWAY仕様 “こっち向いてるAndy!”

Malta - Österreich 1:1 (1:0)
Malta / Ta´Qali, Nationalstadion, SR Bartolini (Schweiz)
Tor: Agius (8.), Ivanschitz (48.)

スタメン&布陣:4-4-2
             Macho (46. Manninger)
Standfest (77. Sariyar), Stranzl, Hiden, Ibertsberger (46. Fuchs)
         Aufhauser, Prager (46. Kiesenebner)
Ivanschitz,             Weissenberger (66. Garics)
            
      Linz (73. Akagündüz), Kuljic

昨年10月のスイス戦の布陣。協会公式のメンバー順が紛らわしかったので、再確認しました(汗
posted by どとう at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

代表あれこれ 〜マルタ偏2〜

ついにマルタ戦です。現地時間(オーストリア)18:00キックオフ。ORF1で生放送!(って、日本じゃ見れない。。。)

予てから、合流がギリギリになっている海外組は、シュトランツル、プラハー、マニンガー、ヴァイゼンベルガー、ガリクス、アカグンドゥヅが日曜日にマルタ入り。イヴァンシュイッツ、リンツ、マホ、クルジッチらは月曜日に無事に合流しました。
特にシュトランツルはイスラエルで行われているクラブのトレーニングキャンプからの合流だそうです。

sa-maluta02.jpg
中央:シュトランツル 左:ヴァイゼンベルガー 右:フクス

記者会見でシュトランツルは
「再び代表チームに呼ばれてうれしい。昨年秋の試合(トリニダード戦)の上昇基調を確認しながら、勝利で2007年をスタートさせたい。」とコメント。そして、「私が責任を背負う立場になったことを過去1年間で思い知らされ、自分を変えていかなければならないことを自覚した。以前はクーバウアーやショップといった頼れるベテランがいたが、今は自分にその役割が課されているのだと思う。チームは年功順になっており、頼れる選手がいることでチームの雰囲気もよくなると考えている」と頼もしいコメント。

sa-maluta03.jpg
左:リンツ 中央:Andy 右:マホ

キャプテン“Andy”のコメント:
「スイス戦とトリニダード戦のパフォーマンスを続けたいです。そして、対戦相手を尊敬している。しかし、ゴールを決め勝利をつかみたい」

予想スタメン:4-4-2
          Macho
Standfest,Martin Hiden,Stranzl,Ibertsberger
        Aufhauser,Prager
 Ivanschitz,          Weissenberger
         Linz,Kuljic

サブ&見送り&ケガ ☆おまけ
posted by どとう at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

Andy!!ゴール!!

ギリシャリーグ、パナシナイコスでひっそりと活躍しているイヴァンシュイッツは国内カップ、準々決勝PAOK戦(1/31)で前半40分FKを左隅に叩き込み今期4ゴール目(内リーグ3得点)。そして、久しぶりのフル出場を果たしました。最近、いまいち調子がでず控えが多かっただけに、うれしさを爆発させ、お膝スライディングで大喜びしてました(笑

andy-guris.jpg
ゴールの動画→こちらッス☆ 
posted by どとう at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | IVANSCHITZ/PANATHINAIKOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代表あれこれ 〜マルタ編@〜

今年最初の代表マッチが来週(2/7:AWAY)に迫り、オーストリア代表国内組12人はいち早く1月31日からマルタに飛びキャンプを張って汗を流しています。残りの選手は個々で現地入りする予定です。ザルツブルクのアウフハウザーはパルチザン・ベオグラードとのテストマッチ後の合流。海外組は週末にかけ試合があるので合流はギリギリになりそうです。リンツは2日の試合後なので土曜にはチームに合流できそう。イヴァンシュイッツは月曜の合流になりそう。プラハーも週末。
今回の合宿は個々人のメニューを組み自由時間を設けたようです。(選手個人の自覚を促す狙いがあるのかな??)

touchiyaku001.jpg
33歳で最年長プレイヤーであるヒデンはケガのため金曜から練習に参加できないそうです(写真中央がヒデン、手前はキーセネブナー)



posted by どとう at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。