2006年09月17日

健闘、健闘・・・・

UEFA杯出場中のオーストリアのクラブは健闘しています。
しかし、健闘なだけで金星を挙げたわけではありません。

レギア・ワルシャワ(POL)vsFKオーストリア・ウィーン 1-1

RBザルツブルクvsブラックバーン・ローバーズ(ENG) 2-2
ボンバーヤンコが復活同点ゴール!!

ASリボルノ・カルチョ(ITA)vsSVパッシング     2-0

janco-fuxtukatu.jpg
今年も頭で魅せてくれ!

オーストリア人所属チーム(海外)

パナシナイコスFC(GRE)vsFCメタルフ・ザポロージェ(UKR) 1-1
○イヴァンシュイッツ所属 風邪のためベンチ外
パナシナイコスは今期成績不振で早くもハンス・バッケ監督を解任


FCシオン(SUI)vsバイヤー・レバークーゼン(GER) 0-0
○クルジッチ所属 スタメン出場 後半75分に交代

ビトリアFC(POR)vsSCヘーレンフェーン(NED) 0-3
○プラハー所属 スタメンフル出場
ビトリアFCはエリオ・ソウザ監督を解任

AZアルクマール(NED)vsカイセリスポル(TUR) 3-2
○アカグンドゥズ所属 スタメン出場 後半64分に交代

posted by どとう at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ポガテツ立ち上がる!!

なかなか引越し後、地に足がつかず更新をしていなかったのですがオーストリアでは大変なことになっていました。
若干訳を修正しました(9/13)

先週行われたスイスでの2連戦で結果を残せなかったチームはついに内部から反発が・・・どうしましょう・・・

ポガテツが公の場で監督やキャプテンであるイヴァンシュイッツを批判。ポガテツは「監督は戦術的に無能である」と語り、物議をかもした。一方、監督は代表22キャップのポガテツは構想から外れていると語っていた(いいプレーヤーは他にもいるなどと)。先週金曜日に(電話で)話し合いを持ち、監督はチームプレーを行う競技における基本的なマナー(公でチームメイトやコーチなどを批判をしない)を破ったとして、ポガテツを召集しないことを明らかにした。そして、スイス合宿中にまったく不満な様子を見せていなかったポガテツの今回の一連の声明には驚いていると語っている。

キャプテン批判:
ポガテツはキャプテンであるイヴァンシュイッツをキャプテンとしては物足りないと批判している。

以下Spo1のインタビュー、粗訳ですが一部を:

「Andyは我々の中でもベストプレーヤーの一人である。しかし、チームを引っ張る選手ではない。いつも当たり障りなく接している。協会にとってこれほど楽なことはないだろう。しかし、我々選手にとっては物足りない(ダメなんだ)。」
(要するにAndyは人が良すぎて人望がないと言っているご様子。)

(-ではどんな人がキャプテンに相応しいですか?)
「若い選手はキャプテンに対して尊敬しなければならない。しかし、尊敬されるには経験を積んだ人間でなければならない。そして、チームのために悪役(協会やコーチなどに意見を言う)に回ることも必要である。例えば、アウフハウザーやシュトランツルがそうである。今、チームはもう一人のキャプテンを必要としている。」

一方、イヴァンシュイッツは:
「監督と私への彼(ポガテツ)の批判には驚いている。チームと私は完全に我々のコーチを支持することを明らかにしたい。そして、我々は一緒に現在の危機の解決策を見つけたい。」

髪がのびたエマニュエル^^.jpg
(今は坊主です。)

ポガテツは自分でわざと悪役に回り、チームの内情を代弁している。キャプテンや監督、協会に対する不満はチーム内(ポギー曰く、ほとんど)に広がっているようだ。

オーストリアではポガテツを「独り(よがり)の革命家」として話題を独占している。
そして、協会HPのチームメンバー紹介からポガテツの名前が消えている。




posted by どとう at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

お知らせ

誠に勝手ながら、8月30日から、お引越しをすることになりました。1週間ほどまったく更新ができなくなります。代表の試合があるのにパソコンを封印するのは忍びないのですが何卒ご了承くださいませ<(_ _)>

オーストリアに神のご加護がありますようにm(゚-゚;)
posted by どとう at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストリア代表スイスへ出発

8/28、午後12:30の飛行機で試合会場のジュネーブへ飛んだオーストリア代表(おそらく国内組)。就任3試合で3連敗中のヒッケルスベルガー監督は険しいお面持ちでスイスへの飛行機へと乗り込んだ。
クルジッチ、アウフハウザー、ヘルドフォファー、ホルツ、は自動車で現地へ。ポガテツは月曜の晩に試合があったのでおそらく合流は29日以降。シュトランツルは足首の検査のためグラーツへ寄っている。

ゴールキーパー問題
ヒッケルスベルガー監督就任当時から守護神はラピド・ウィーンの元教え子ペイヤーを起用していた。このところ、ペイヤーはラピドでキャプテンを任されチームを引っ張る役回りについている。だが、ここ数試合でのチームのパフォーマンスの低下と連動してペイヤーのパフォーマンスも下降気味に。そいうこともあり、オーストリアサポーターはカイザースラウテルンのマホを支持している。ハンガリー戦の後半からゴールマウスを守ったマホは安定したプレーで後半無失点でしのいでた。今回のスイストーナメントではマホを先発で起用していくとみられる。

チームの士気の低下
やはり、3連敗中のチームは勝つという雰囲気(ムード)が薄らいでいる。もしくはチーム全体で自信消失になっている(勝っていないのだからしょうがないけど)。守備にしろ攻撃にしろ強みを見出さなければならない。この点で意識改革を含め監督は試合当日までにチームを活性化する必要があるだろう。とりわけ、監督はディフェンスを強化すると言っている。

イヴァンシュイッツのギリシャでの評価
パナシナイコスに移籍して間もないが先週末の試合は0-2と負けているものの、イヴァンシュイッ(以下Andy)の評価はいいようだ。オーストリアのギリシャ視察情報によるとパナシナイコスは4-3-3の布陣で、まだまだチーム全体でも慣れない部分が多い状態。しかし、Andyはチームの誰よりも精力的に走り、チームに貢献するといった気持ちを全面に出し勝利への執念をプレーから感じ取れると代表スタッフを驚かしている。

ペイヤーのゥ信.jpg
posted by どとう at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

マッタースブルク大量6得点で勝利!!

T-Mobile Bundesliga(オーストリアリーグ)第7節結果

26.08. - Anpfiff: 19:30 Uhr
GAK vs Sturm Graz 0:0 (0:0)

26.08. - Anpfiff: 19:30 Uhr
Superfund vs Rapid Wien 1:0 (0:0)

26.08. - Anpfiff: 19:30 Uhr
RB Salzburg vs FC Wacker 4:0 (0:0)

27.08. - Anpfiff: 19:30 Uhr
Austria Wien vs SV Ried 1:1 (1:0)

27.08. - Anpfiff: 17:15 Uhr
Mattersburg vs SCR Altach 6:3 (1:1)
Tor:43'Sedloski (Ratajczyk)、53'Atan (Kühbauer)、55'Wagner (Fuchs)、63'Fuchs (Sedloski)、82'Wagner (Mörz)、90'Mörz (Atan)/ 14'Chinchilla (Schoppitsch)、59'Leonardo (Schmid)、71'Froylan (Guem)

マッタースブルクは前半先制されるのの、シュート19本(枠内6本)をアルタッチゴールに浴びせ6ゴールを叩き出し勝利。この勝利でリーグ2位に浮上。ザルツブルクは4-0といつもの大量得点で相手を寄せ付けずガッチリ首位をキープ。
posted by どとう at 16:17| Comment(0) | TrackBack(1) | T-MOBILE BUNDESLIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外組情報

先週末の主な海外組試合情報

○プレミアリーグ

ポガテツ(ミドルスブラ):
今夜(28日)、HOMEでのポーツマス戦。

シャルナー(ウィガン):
HOMEでレディングと対戦。1-0で勝利。フル出場。後半50分にイエローカードを受ける。

○ギリシャリーグ

イヴァンシュイッツ(パナシナイコス):
HOMEでロニコス・ニカイアと対戦。0-2で敗戦。フル出場。

○ポルトガルリーグ

リンツ(ヴォアビスタ・ポルト):
AWAYでスポルティング・リスボンと対戦。2-3で敗戦。この試合がデビュー戦。後半79分から出場。

○オランダリーグ

プラハー(SCヘーレンフェーン):
HOMEでウィレムUと対戦。5-0で圧勝。ボランチで後半74分まで出場。

○ロシアリーグ

シュトランツル(スパルタク・モスクワ):
HOMEでスパルタク・ナルチクと対戦。1-0で勝利。フル出場。

○スイスリーグ

クルジッチ(FCシオン):
カップ戦AWAYでFC Naters と対戦。3-1と勝利。クルジッチは欠場。

○ドイツブンデスリーガ2部:

マホ(カイザースラウテルン):
HOMEでSC Paderbornと対戦。2-0と勝利。フル出場。

イベルツベルガー(SCフライブルク):
HOMEでSpVgg Unterhachingと対戦。1-1でドロー。イベルツベルガーは今期ケガで出遅れ中。

○トルコリーグ

アカグンドゥズ(カイゼリスポル):
AWAYでKayseri Erciyessporと対戦(おそらくダービー)。4-0で圧勝。出場状況不明。
posted by どとう at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FUSSBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

監督解任

8/27、ラピドウィーンの監督であるゼルホファー氏は辞任を表明(解任?)。後任者は未定で、後任決定までヘッドコーチのRoman Pivarnikが指揮を執る。今のところ、元代表監督のクランクル氏が有力候補。他には元クロアチア代表監督のクラニチャル氏の名前もあがっている。

2004/2005シーズンリーグ優勝、2005年チャンピオンズリーグ本選出場と輝かしい時代を迎えていたチームはどこへ行ってしまったのか。ホフマン、イヴァンシュイッツの放出(ホフマンは帰還、しかし怪我でリハビリ中)、監督であったヒッケルスベルガーのシーズン途中の代表監督就任。優勝チームは完全に歯車が狂ってしまった。パッシングの敏腕監督ゼルホファー氏の引き抜きと、GAKから2005年の最優秀選手バジナを獲得し、チームを生まれ変わらそうとしたが失敗。UEFA杯の出場権をすら取ることができなった。
今期は大きな補強をせず、シーズン開幕2連勝。2節のシュトルム・グラーツ戦では4-1と快勝していた。しかし、第3節リート戦で今期初黒星。第6節ではGAKにAWAYで1-4と完敗。8/27の第7節でパッシングに0-1と負けて暫定7位に後退していた。

zellhofer-otukaresama.jpg
「ラピドのようなチームを率いるのは光栄なことであり、挑戦でもありました」
「私はウィーンでの時間を後悔していません」
posted by どとう at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | T-MOBILE BUNDESLIGA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

UEFA杯組み合わせ決定

8/25、UEFA杯1回戦の組み合わせが決まりました。
チャンピオンズリーグ予備予選やUEFA杯予選では苦杯を嘗めさせられたオーストリア勢ですが、UEFA杯1回戦にRBザルツブルク、FKオーストリア・ウィーン、SVパッシングが屈辱を晴らすべく登場です。
リートを破ったFCシオン(クルジッチ所属)は、強豪バイヤー・レヴァークーゼンと対戦。イヴァンシュイッツのパナシナイコスはFCメタルフ・ザポロージェ (ウクライナ)と。プラハーが所属するSCへーレンフェーンはビトリアFC(ポルトガル)。

対戦カード(1st.9/4、2nd.9/28):

RBザルツブルクvsブラックバーン・ローバーズ(ENG)

レギア・ワルシャワ(POL)vsFKオーストリア・ウィーン

ASリボルノ・カルチョ(ITA)vsSVパッシング


パナシナイコスFC(GRE)vsFCメタルフ・ザポロージェ(UKR)
○イヴァンシュイッツ所属

FCシオン(SUI)vsバイヤー・レバークーゼン(GER)
○クルジッチ所属

ビトリアFC(POR)vsSCヘーレンフェーン(NED)
○プラハー所属

AZアルクマール(NED)vsカイセリスポル(TUR)
○アカグンドゥズ所属
posted by どとう at 11:23| Comment(0) | TrackBack(1) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

オーストリア勢の沈没

UEFA杯24日の結果

8/24 2nd FC Sion (SWI) SV Ried (AUT) 1:0 (1:0)
Tor: 1:0 (35.) Kuljic (Elfmeter)

Sion: Vailati - Skaljic, Kali, Pinto, Mijadinoski - Gelson Fernandes, Di Zenzo - Reset (67. Diallo), Obradovic, Regazzoni (86. Ahoueya) - Kuljic (79. Saborio)

Ried: H.P. Berger (34. Gebauer) - Brenner, Glasner, M. Berger, Mehlem - Martinez, T. Eder, Michalik (66. Kastner), Drechsel - Sulimani (75. Seo) - Brunmayr

Gelbe Karten: Pinto, Regazzoni bzw. Eder, Brenner

8/24 2nd Wisla Krakau (POL) SV Mattersburg (AUT) 1:0 (1:0)
posted by どとう at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA-BEWERBE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイストーナメントの代表が発表

9/2、9/6、に行われるスイストーナメント(コスタリカ、ベネズエラ戦)を戦う代表メンバーが発表されました。
久々のAWAYです。しかも、相手は中南米です。負けそうです。。。。

GKはいつもの3人。DFのOrtlechner、Sonnleitnerが代表初出場をねらいます。MFではU-21で活躍中のHölzl君をA代表に召集。あとコバチェビッチさんを久々に召集。(彼は前回のEURO2004予選チェコ戦で交代出場して5分あまりで一発退場してしまった逸話を持っています。)FWはリンツ、アカグンデゥズが復帰。リンツ、ヴァルナーのコンビ復活か??

Tor(GK):
Jürgen Macho (1. FC Kaiserslautern/5 Länderspiele),
Helge Payer (Rapid Wien/10)
Andreas Schranz (Liebherr GAK/5)

Abwehr(DF):
Johannes Ertl (Puntigamer Sturm Graz/1)
Ferdinand Feldhofer (Wacker Tirol/7)
Martin Hiden (34/1 Tor)
Manuel Ortlechner (FC Superfund/0)
Emanuel Pogatetz (FC Middlesbrough/21/1)
Mario Sonnleitner (Liebherr GAK/0)
Joachim Standfest (Liebherr GAK/12/1)
Martin Stranzl (Spartak Moskau/31/2)

Mittelfeld(MF):
Rene Aufhauser (Red Bull Salzburg/32/5)
Andreas Hölzl (FC Wacker Tirol/0)
Andreas Ivanschitz (Panathinaikos Athen/21/3)
Bozo Kovacevic (FC Superfund/6)
Christoph Leitgeb (Puntigamer Sturm Graz/2)
Michael Mörz (SV Mattersburg/4)
Thomas Prager (SC Herenveen/2)
Zlatko Junuzovic (Liebherr GAK/2)

Angriff(FW):
Muhammet Akagündüz (Kayserispor/5/1)
Sanel Kuljic (FC Sion/5/1)
Roland Linz (Boavista Porto/15/2)
Roman Wallner (Austria Magna/21/5)

Auf Abruf(補欠):
Thomas Borenitsch (SV Mattersburg/0)
Wolfgang Bubenik (FC Superfund/0)
Hannes Eder (Wacker Tirol/0)
Thomas Krammer (SK Puntigamer Sturm Graz/0)
Andreas Lasnik (Austria Magna/1)
Andreas Schrott (FC Wacker Tirol/0)

ん〜、U-21の主力を2人呼んだみたいだけれどU-21の次戦はイタリア戦(AWAY)。大丈夫なのか??
お隣のスイス様はA代表の21歳以下の選手をU-21欧州予選にすべて回すみたいなのに・・・
posted by どとう at 01:32| Comment(5) | TrackBack(0) | NATIONALTEAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。